LIONS FACILITY

ドローンについて

無人航空機の飛行ルール


無人航空機の安全飛行のために、平成27年12月10日に改正航空法が施行され、飛行空域により事前に国土交通省への申請・許可承認が必要となりました。


航空法における無人航空機とは


無人航空機とは、「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」です。

多少分かりにくいですが、いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。
※ただし、マルチコプターやラジコン機等であっても、重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)200グラム未満のものは、無人航空機ではなく「模型航空機」に分類されます。


出典:国土交通省 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール



無人航空機の飛行ルールに関する航空法の規定


航空法において、無人航空機を飛行させる際の基本的なルールが平成27年12月10日より義務化されました。これらのルールに違反した場合には、50万円以下の罰金が課されることがありますので、法令を遵守しながら安全に飛行させましょう。
大きくわけて以下の3つのルールが制定されています。


①無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について


有人の航空機に衝突するおそれや、落下した場合に地上の人などに危害を及ぼすおそれが高い空域として、以下の空域で無人航空機を飛行させることは、原則として禁止されています。
これらの空域で無人航空機を飛行させようとする場合には、安全面の措置をした上で、国土交通大臣の許可を受ける必要があります。(※屋内で飛行させる場合は不要です。)
なお、自身の私有地であっても、以下の(A)~(C)の空域に該当する場合には、国土交通大臣の許可を受ける必要があります。

飛行許可が必要なエリア

以下のサイトより確認できます。
【DJI社サイト】【国土地理院「地理院地図」】


出典:国土交通省 無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン


②無人航空機の飛行の方法


飛行させる場所に関わらず、無人航空機を飛行させる場合には、

①日中(日出から日没まで)に飛行させる(夜間フライトの禁止)
②目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させる(目視外飛行の禁止)
③人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させる(30m未満飛行の禁止)
④祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させない(イベント上空飛行の禁止)
⑤爆発物など危険物を輸送しない(危険物輸送の禁止)
⑥無人航空機から物を投下しない(物件投下の禁止)
といったルールを守っていただく必要があります。

 上記のルールによらずに無人航空機を飛行させようとする場合には、あらかじめ、国土交通大臣の承認を受ける必要があります。

承認が必要となる飛行の方法



出典:国土交通省 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール



③その他(捜索又は救助のための特例について)


上記の①及び②の飛行ルールについては、事故や災害時に、国や地方公共団体、また、これらの者の依頼を受けた者が捜索又は救助を行うために無人航空機を飛行させる場合については、適用されないこととなっています。
 
しかし一方で、特例が適用された場合であっても、航空機の航行の安全や地上の人等の安全が損なわれないよう、必要な安全確保を自主的に行う必要で、安全確保の方法として、以下の運用ガイドラインが定められていますので、特例が適用される機関や者については、運用ガイドラインを参照しつつ、必要な安全確保を行うようにして下さい。

航空法第132条の3の適用を受け無人航空機を飛行させる場合の運用ガイドライン




国土交通省(詳細は下記をご覧ください)


国土交通省 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール

飛行許可申請窓口一覧

飛行許可申請の資料の一部を省略することができる無人航空機